辛くてつまらない時だからこそ、サラリーマンとして働くことについて考えてみる

f:id:park-man:20210523230226j:plain

おはこんにちばん。

昨今の新型コロナに伴い、働き方も劇的に変わり、在宅でお仕事をこなす方々も多く存在するのではないでしょうか。

ふと、思う。

(今の働き方は、いつまで続くだろうか)
(この働き方は、コロナ収束後も続くのだろうか)
(また通勤や移動に時間を費やすのか)
(上司や部下との人間関係でまた悩むのか)

私自身も、いちサラリーマン(営業職)として会社に勤めており、ここ最近は自宅デスクにてオンラインを活用した営業活動をしております。

今のご時世では、契約についても電子化されており、オンライン上で電子契約を締結できる便利な時代になりつつあります。今回のコロナ騒動が、世の中のIT化を是正するよいきっかけになっているとひしひしと感じております。

と考えると、一気にサラリーマンであることから逃げ出したくなる。
そして、いっそのことサラリーマンなんて辞めてしまって、個人事業主として働いてみよう、自分探しのために時間を費やそうなどと思われる方も、一定数はいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、日々辛く大変でつまらないと感じた時だからこそ、改めて「サラリーマンとして働くこと」について、改めて考え直したいと思います。

その上で、サラリーマンであることのメリット/デメリット今後の仕事に対する価値観についても、考えるきっかけになればと思います。

こんな人におすすめ
  • サラリーマンとして、毎日がつまらないと感じている人
  • 退職/転職をお考えの人
  • 起業や個人事業主、フリーランスとしての活動をお考えの人
  • ただただ社畜と揶揄されるサラリーマンから逃げたい人
  • 今後の働き方について、悩まれている人
  • 何か新しいことをやりたいと思っている人

目次

サラリーマンのメリット

f:id:park-man:20210523233008j:plain
こちらは世の中に参考となるサイトが無数にあるので、一般的なものについては箇条書き程度でまとめております。

  1. 収入が安定している
  2. 社会保障が充実している
  3. 福利厚生が手厚い
  4. 社会的信用度が高い
  5. 年末調整などの税金等の管理をしてくれる
  6. 給与がしっかりと支払われる
  7. 会社の看板で仕事ができる
  8. スキルやノウハウを学べる
  9. 国内/海外出張に行ける
  10. 海外勤務のチャンスがある

サラリーマンのデメリット 

f:id:park-man:20210523233435j:plain
こちらも同様に箇条書き程度でまとめます。

  1. 制約やルールに縛られることがある
  2. 人間関係に悩まされることがある
  3. 休みづらい/時間調整がしづらい
  4. 給与が上がりにくい
  5. 定年退職による将来の不安が付きまとう

本当にそれだけなのだろうか?

f:id:park-man:20210523233546j:plain
実は、会社員は、立場的に非常においしい。その一例がこちら。
働く環境や目的により左右される可能性もあるが、こーゆー奴もいるんだなぁととらえて頂けると嬉しい。

  1. ノーリスクで体験ができる
  2. 個人ブランドを形成できる
  3. 優秀なヒトとの人脈を形成できる
  1. ノーリスクで体験ができる
    会社のカネやヒトやインフラを使い、一般的な個人ではできないビッグプロジェクトにチャレンジできる。結果はどうであれ、給与をもらいながら経験を得ることができる。

  2. 個人ブランドを形成できる
    少しずつ実績を積み重ねて行くと、個人としてのスキルや経験値を得られると共に、外で稼ぐための個人ブランドを形成することができる。会社というフィールドをうまく使って、外で稼ぐための下準備を行うことも可能である。

  3. 優秀なヒトとの人脈を形成できる
    フリーランスでは知り得ない社内での人脈や会社の看板や役職により知り得た関係性をうまく活用することも可能である。特に、自身の専門外の職種に携われる方々の疑似体験やアドバイスは、今後何か始められる時には学びの多いポイントでもある。

生活をしていく上で、お金は非常に大事である。ただ、お金を稼ぐだけが仕事ではないと感じる側面もある。金以外のものを稼ぐことに意識を向けることで、会社員であることの良さについても改めて感じられるのではないでしょうか。

「働く」という価値観の多様化

f:id:park-man:20210524002343j:plain

ここ最近の若者は付き合いが悪い

仕事終わりの飲み会にも参加せず、昔は上司に朝までしこたま付き合わされたなぁ

私も時々耳にするワードです。

自分は30代の会社員ですが、やはり年代によっても仕事に対する考え方/価値観はかなりギャップがあると感じております。

「達成や快楽」といった欲望を満たそうとする昔の考え方に比べ、
現代では「人間関係、やる意義/目的、没頭」を重視する傾向が強いと感じる。

過去に比べ、単に欲望が減少しているのではなく、最低限の衣食住が満たされると、欲望に対する本質的な価値についても深く考える傾向にあるのだと思う。

どちらが正解という訳ではない。

働くという価値観を世の中に順応させた考え方に意識転換しているだけ。また、自身の欲望の満たし方についても、その意味合いを深く考え始めたことが、このような価値観の多様化につながっているのではないか。

サラリーマンが副業で稼ぐべきものとは?

f:id:park-man:20210523235046j:plain
最近では、副業制度を設ける会社も増加し、これまでよりも2足3足のわらじを履いて活躍される方も増えている傾向にある。

日本社会としても、人口が減り、会社が生み出す利益も小さくなることが予兆され、人件費削減のためにロボットやAIに仕事を代替する動きが徐々に増えてくると想定される。

それにより、一つの会社から得る賃金では到底生活が成り立たないことも予想できる。

もちろんベーシックインカムという考え方はあるようだが、質素に生活するだけでは物足りず、少しでもゆとりのある生活を望まれる方は「稼ぐ」という方向性に舵を切って行くだろう。

その場合、これからその下準備を進められるとしたら、間違いなく「副業」ではなく「複業」であることをおすすめする。
※詳細な説明については、他サイトをご参照ください

---
【副業】
本業以外の仕事をして収入を得ること。雇用形態によってアルバイトや在宅ビジネス、内職などに分類される。

【複業】
その名の通り、複数の仕事を持つこと。「副業」に比べて、「複業」はより多くの収入を得る可能性が高く、かつ多くの時間と労力を必要とし、限りなく本業に近い仕事と言えます。本業を複数持っているというイメージでよいでしょう。

---

アルバイトや内職は時間との交換で成り立ち、貴重な時間をお金と交換することは本質的な改善策ではなく、一種のドーピングのようなもの。本質的に改善するのであれば、本末転倒にならぬよう時間の切り売り(時間の対価で収入を得ること)から脱却する必要がある。

自分の人生ありきで、自分の人生をどう過ごしていくかが非常に大事になってくる。

個人ブランドの形成、お金、スキル、知識、未来...

生き方やライフスタイルにあった仕事を選びながらも、その仕事に対して、自分が何を稼ぐのかを具体的に落とし込んでもよいのではないか。

まとめ

f:id:park-man:20210523234216j:plain今回は、日々辛く大変でつまらないと感じた時だからこそ、改めて「サラリーマンとして働くこと」について考えてみました。

普段、不満や文句ばかりの会社に対して、改めてこーゆー恩恵を受けているんだなぁを感じる反面、会社員としての働き方とは別に、その仕事に対して、自分が何を稼ぐのかを考えていくことが、今後の働き方において、割り切りも含め重要になってくるのだと再認識しました。

ご退職/転職をお考えの方や、フリーランスをお考えの方、ただただ社畜と揶揄される会社員から逃げたい方など。色々な方々の色々なご事情がおありだと思います。
今一度振り返る良いきっかけになれば嬉しいです。

会社員として働くことすべてが悪だとは思いません。
フリーランスや経営者として働くことがすべて正しいとも思いません。

これからの自分の人生を自分らしく生きていくために、今一度、自身の働き方/価値観を振り返る良い機会ではないでしょうか。

自分の働き方/価値観は、自分で築いていきましょう!


~合わせて読みたい記事~