澄みわたるオリジナル梅酒を漬けてみる

f:id:park-man:20210514010917j:plain

おはこんにちばん。

梅酒を漬け込む良い季節になってきたと思いませんか?

私は、毎年5月~6月頃に梅酒を漬け込む習慣があり、手作りの梅酒を作り始めて4年目になります。

最近では、自宅で過ごされる機会も増えてきているので、手作りの梅酒の作り方についてまとめていきます。

こんな人におすすめ
  • ご自身や身の回りにお酒好きな方がいる人
  • 作ることや育てることを楽しめる人
  • 時間を持て余している人
  • 何か新しいことをやってみたい人
  • 趣味を作りたい人

目次

梅酒を漬けようと思ったきっかけ

  • お酒好きの嫁の出産を機に、乳離れ後にでも労いと祝杯を兼ねるため
  • 「趣味:梅酒作り」と言ってみたかった
  • 何かしらの話のネタになると思ったから
  • 簡単そうだったから

並べてみると、なんともしょーもない理由ですね。
ただ、はじめての梅酒作り以降、なんだかんだdえ毎年恒例の行事となっております! 

気軽に簡単にお試し頂けるので、ぜひとも皆さんこの機会にいかがでしょうか? 

手作り梅酒に必要なもの

  • 青梅:1kg
  • 氷砂糖:700g~1000g 
  • ホワイトリカー:1.8L 
  • 果実酒用の瓶容器:3L~4L
  • キッチンペーパー:3枚くらい
  • 竹串:1本
  • ボウル:1個

※黒糖、日本酒、ブランデー、ウィスキー、米焼酎、麦焼酎でも味わいが変わります

簡単な梅酒の作り方

  1. 青梅を水で手洗いし、水を張ったボウルに入れ、2~3時間放置する(アク取り)
    f:id:park-man:20200618000850j:image

  2. 瓶容器を消毒するために、ホワイトリカーを瓶容器に少しだけ流し入れ、瓶容器全体にアルコール成分が行き渡るようグルグルと回しまくる

  3. アクを取った青梅を取り出し、竹串で青梅のヘタを取り除くf:id:park-man:20200618000421j:image

  4. ヘタを取り除いた青梅の水気を、キッチンペーパーで拭き取る

  5. 消毒済みの瓶容器に、「青梅→氷砂糖→青梅→氷砂糖→...」と交互に入れる
    f:id:park-man:20200618000453j:image

  6. ミルフィーユ状になった瓶容器の中に、ホワイトリカーを流し込む
    f:id:park-man:20200618000534j:image

  7. 一通り完成。容器の底に氷砂糖が沈殿してしまうため、一日に一回程度は容器をぐるぐると混ぜ合わせる
    f:id:park-man:20200618000611j:image

  8. 冷暗所で、3ヶ月程寝かせると手作り梅酒の出来上がり!

梅酒作りにおすすめの材料

  1. 和歌山 古城梅 梅酒用 Lサイズ 1kg

  2. 中日本氷糖 白マーク ロックA 1kg

  3. 宝 35% 果実酒の季節 [ 焼酎 35度 1.8L紙パック ]

  4. 東洋佐々木ガラス 果実酒瓶 4000ml 日本製 5号 I-71804-R-A-JAN

まとめ

いかがでしたでしょうか?

所要時間も10~15分程度で終えられるため、初めての方でも簡単に梅酒作りを始められます。

酒類や砂糖類をアレンジすることで、また違った梅酒の楽しみ方を感じられる趣味かと思いますので、ハマる方もたくさんいらっしゃいます。
最近では、「梅以外の果実酒」にもハマっております。

今回を機会に、ぜひ一度チャレンジして頂けると嬉しいです。

何か新しいことや趣味を作りたい方は、ぜひお試しください!

 

~合わせて読みたい記事~